2011年12月16日

一緒に楽しもう!

ブログを書くことで、思いがけないお楽しみが出来ました。
それは、同じように絵本が好きなお友達が出来たこと。
子どもの言葉や「きらきら」を書き留めたくて始めたブログだけれど、いつの間にか、
そのお友達は、とても大切な存在になりました。

今回、そのお友達(と呼んでよろしいのでしょうか?大先輩)の一人、マーガレットさんの
「こひつじ文庫」主催の講演会に呼ばれました。なんと、私が講師だっていうから、驚きです。
息子と続けてきた読み聞かせについて、話して欲しいいうお話でした。

最初は、もちろん、「無理ですっ」だったのです。
なぜって、息子の子育ては、まだ道途中で、母は、まだまだ悩み、まだまだ修行中の身だから。

でも、絵本を読んだから、どういう子に育ったとか、こんな効果があったとか、そういう話じゃ
なくて、子どもに絵本を読んであげることは、自分も楽しいんだよということを伝えたいのだと、
マーガレットさんは、仰いました。
だから、子どもが「もう、いい。」と言うまで、一緒に読もうよ!と伝えたい。

マーガレットさんの明るさとパワーは、人を「その気」にさせる魔法です。
すっかり、のせられて、ノコノコと、東京まで出て行きました
読み聞かせを一緒に楽しむなら、日本一楽しんだ!と、自信があるのですもの
(日本一の母のみなさん、すいません)
あの、泣いて、笑って、怒って、怖くて???息子と二人、ドキドキした日々を
思い出しながら、レポートを書きました。
あんなこともあったなー。こんなことも、あったなー。日記やブログを引っくり返しながら、
こつこつと書く作業は、とても楽しかった。
(ものすごい大作になってしまい、あれに、全部目を通したマーガレットさんや司書の方は、
本当に大変だったと思います。感謝。)
そして、本番も。本当に、素敵な雰囲気の会でした。
(昨日が、その本番でした)
きっと、マーガレットさん達、こひつじ文庫のスタッフみなさんの雰囲気が、そうさせるのでしょうね。
だからこそ、楽しかったから、とても素晴らしかったからこそ、心残りとなったこともありました。

打ち合わせもほとんどなく、本番にのぞんだこと。

せめて、直前に一度だけでも打ち合わせていれば、もっと、最終的に、進行の先生の考えを踏まえた
原稿を練れたと思うし、練習もできたはずでした。
せっかくのマーガレットさんの想い。もっともっと、出来たはずと思ってしまいます。
遠いから、息子の高校の説明会。言い訳にもならないな。もっと、やりたかったな。
そう思わずには、いられませんでした。

そんな私でも、あの場で、前に立て、最後まで話すことができたのは、横に座ってくださった、
専門家の司書さんのおかげでしたし、「素敵な会にしよう」という文庫の方々の真心でしたし、
何より、あの場に集った方々のおかげでした。
本当に楽しく、幸せな時間でした
夢のように終わりました

遠くから、忙しい中、足を運んで下さったブログのお友達の顔もあり、緊張しながらも、頭が
真っ白になることだけは、避けられました。
緊張したとき、ちらりちらりと、順番に視線を向けました お気づきでしたか?
本当に、感謝、感謝です。ありがとう。
会が終わってから、「(周りに、絵本を好きな方がいなくて???)今日は、ほっとしました。」と、若い
お母さんに言われて、心から、今日、この場に、来て良かったなーと思いまいした。
もっと、一緒に、お話したかったよねーと思いました。
「これから、この子に読むのが、楽しみになりました!」と、赤ちゃんのママに言われ、もう、
嬉しくて、天にのぼりそうでした。
だって、そのことが、私と息子の読み聞かせの「すべて」ですもの。

読み聞かせブームは、とても素敵なことなのだけれど、「読み聞かせ」が一人歩きして、
「絵本を読んであげなくちゃいけない」になったりするのは、とても悲しいことです。
一緒に楽しもう
だって、本当に楽しいんだよー。小学生になった子に読むのは。
みんなで、楽しもう
「もう、一人で読む。」と子どもに言われる日は、必ず、いつかくるのだから。

あの面白さが、色々な家庭で、繰り広げられているところを想像するのは、とても愉快で、
嬉しくて。きっと、あの場にいたお母さんは、読んで下さるだろうと思うのです。
そして、私も。
私には、まだ、娘と一緒に物語を楽しむ時間が、たくさん残されているのです。
なんて、幸せなんでしょう。あらためて、その幸せを噛みしめました。

その「読み聞かせ」の記録を、是非、とっておいて下さいねというマーガレットさんの最後の
言葉も、ぐっと心に残りました。そうでした。老後の楽しみです。
ぼちぼちとでも、書かなくては!
そしていつか、そんな我が家の絵本にまつわるエピソード、みんなで持ち寄る機会があったら
楽しいだろうなー
とか想像したら、夜、なかなか寝付けませんでした。
久しぶりの東京で、寝付いたら、朝までグッスリでしたけど。

そうそう。池袋駅と新宿駅の人の多さには、毎度、驚かされました。
見に来てくれた妹が、帰り道、「池袋駅は、毎日、祭りのようだ。」と言ったので、笑いました。
本当に、祭りみたいでした。
posted by かえる at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。